瀬戸・天目作家 水野富弘のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またまた、賃引きが

今回の賃引きは薪窯の作品です。

粘土は伊賀土で、焼き方によっては焦げ、火色、ビードロが出ます。

窯が良く、粘土も良いのもを取り寄せても最後には、良し悪しは焼き上げが物を言いますように

大事です。

小生も少しながら薪窯を焚いた事はありますが、無理なく温度が上がる窯、中々温度が上がらない窯を

焚いて経験をしましたが、一度天目茶碗を薪窯で焼きましたが、温度が低く釉の表面が溶けきれず

失敗に終わりました。中国の建窯では、1300度から1350度までは上がっていると思われると

感じます。

 

スポンサーサイト
著者紹介

水野富弘

陶芸家:水野富弘
瀬戸の天目作家・水野富弘です。天目の話や作品など、陶芸作家の日常を通して想いのままに書き綴ります。主催する会員制陶芸教室の様子なども折々に。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。