FC2ブログ
瀬戸・天目作家 水野富弘のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
焼き上がった織部

001_20090828195635.jpg   002_20090828195650.jpg   003_20090828195708.jpg

生徒さんの織部を焼いたのは何年ぶりかの焼成です。焼成時間はほぼ、20時間以上を掛けました。。焼き上げを見ると還元が残っている作品が数点ありましたが、それなりの味わいで良い感じになっていました。

スポンサーサイト
ロクロ成形の特訓

003_20090822233410.jpg 1  006_20090822233453.jpg 2  007_20090822233507.jpg001_20090822233533.jpg 4  002_20090822233549.jpg

生徒さんの要望でロクロが出来るように特訓をしてと言われ、もう特訓をしているところです。普通ですと、腰かけに座ってロクロをする方が多い中座ロクロで、することは難しいようで実は腰かけするより座ロクロの方が簡単にもろもろの作品が作りやすいのです。それは、目線の角度が高い位置から作品が見られ無理なく出来、胡坐が出来る人であれば小生は、進めます。

小生は、いつも生徒さんに口酸っぱく言い聞かせていることは、どんな時でも制作をしている時には右手は押して左手指先は中心に向かって、自分の方にかき寄せることが大事ですと言っています。

                                

壺の制作手順

026_20090818163014.jpg 1027.jpg028_20090818163147.jpg029_20090818163205.jpg030_20090818163345.jpg031.jpg032.jpg033.jpg034.jpg035.jpg 10036.jpg 11037_20090818163819.jpg 12038.jpg 13039.jpg 14040_20090818164025.jpg 15041.jpg 16042.jpg 17043_20090818164210.jpg 18044.jpg 19045.jpg 20046.jpg 21

壺の制作手順です。まだまだ細かい点はいくつかありますが、とりあえずは分かる点解らない点が写真では見え隠れしていると思います。 

1)

雨にも関わらず教室

004_20090805132017.jpg       003_20090805132001.jpg      005_20090805132033.jpg

今日も雨の中陶芸教室を行ないました。普段なら、午前中に作品を製作をすれば太陽の光で午後からは仕上げができますが、あいにくの雨のために仕上げが思うようにはいきません。そこで奥の手は、ドライヤーでの乾燥を試みて仕上げが出来るようにし、大きな鉢を仕上げてみえる生徒さんです。

もう一人の生徒さんは、ロクロの再度挑戦で大柄なマグに取り組んで見えます。生徒さんに細かい点をいくつかを指摘して、手直しをしてあげ二人の生徒さんは良くなりました。

 

著者紹介

水野富弘

陶芸家:水野富弘
瀬戸の天目作家・水野富弘です。天目の話や作品など、陶芸作家の日常を通して想いのままに書き綴ります。主催する会員制陶芸教室の様子なども折々に。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
来訪者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。